最初に手に入れたオールドレンズはJupiter8だったんです

2019年6月18日

実は、自分が最初に手に入れたオールドレンズって、Jupiter8だったんです。これって、たまたまネットで新品入手という記事を読んで購入したんです。

マウントもM42ではなく、L39というタイプだったのですが、この時初めてマウントアダプタも購入したんですよね。

菜の花

初めて撮った写真です

マニュアルフォーカスを、この時初めて使ったんですよ。当然ながら、オートフォーカスに慣れ親しんでいたんで、本当にピントが撮れているのか、すごく心配でした。

これがそうですが、F2.8でも明るすぎて白が飛び気味になったので、露出を1段下げての撮影になります。

どうですかこの写真。今どきのレンズで撮ったら、こんな風には写りませんよね。

 オールドレンズの特徴

この写真を見て素人ながらに思ったことなんですが、なんて柔らかな写真なんだろうって。菜の花の柔らかさが凄く伝わると同時に、花一つ一つの立体感もちゃんと出ているということ。

全体的に菜の花畑のふわっとした感じを醸し出しているのですが、その中にピントのあっている箇所は花びら一枚の立体感がはっきりと出ています。

全体的な柔らかさがオールドレンズの最大の特徴で、ただ柔らかいだけでなくピントが有っている部分には、ちゃんとピントのキレが存在している。

まとめ

今回使用したカメラは、CANON EOS M3なんですが、M3用に発売されているCANON標準のEF-Mレンズを取り付けての写真では、こんな感じの写真を撮る事が出来ません。

同じようにキレは有るでしょうが、柔らかさが無いんですよ。

これがロシア製レンズ(オールドレンズ)の特徴なのかもしれませんね。描画性能だけ見ると、これが送料込み1万円のレンズとはとても思えませんね。

この魅力が、オールドレンズ沼に足を取られるきっかけになったんです。